金買取

金買取の業者って電話でも営業してるんですね。この前そういう電話がかかってきました。営業の電話は普段から色々かかってきますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。電話の人が説明してくれたところによると、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、今は使っていないものがあったら買い取ってくれるという内容でした。そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。不要な貴金属の売却時には、注意するポイントがあります。金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、利用する店舗や業者により、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金は全く異なるという点です。事前にホームページなどで情報収集し、どの店舗の買取を利用するか、色々な情報を総動員して判断しましょう。買取店にとって真贋鑑定は重要です。時として、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、容易に真贋を判別できるのです。最近問題になっている事件についてお伝えします。自宅に業者がやってきて、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、悪質な訪問購入の事案が最近増えているようです。この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、こちらが申し出に応じなければ、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者はもちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。手数料や「目減り」などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、色々な名目で買取額が減額されて、現実に買取額として受け取れる金額は少なくなります。なんだか損した気分になりますね。特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です