毛染めの特有の臭いはどうして?

毛染めをしていると、ツーンとした目にしみるような特有の臭いがしますよね。あの臭いのせいで頭が痛くなったり、体調が悪くなたりする方も少なくはないでしょう。ここ数年で、カラーリング剤や白髪染めの臭いを抑えたものが増えてきてはいるものの、やはり多少は特有の臭いが残っているものがまだまだ多いです。では、毛染めの特有の臭いはどうして出るのでしょうか?一般的な毛染めは使う前に1液と2液を混ぜて染料を作るかと思いますが、1液はジアミン系のもので2液は過酸化水素というものです。1液にはアンモニア臭があり、2液にもオキシドール系の独特の強い臭いがあります。この2つが混ぜ合わさることによってさらに臭いが強くなるというわけです。そして最近の臭いを抑えた毛染めの原料はモノエタノールというものを使っています。臭いが少ないことで髪の毛にも刺激が少ないと思ってしまいがちですが、実はその逆でしっかりと染まる分、成分が強いものなんだそうです。臭いがしないからと言って知らず知らずのうちに刺激の強い毛染めを使っていたなんてちょっと怖いですよね。40代女性 白髪染め 人気