為替相場の変動要因

世界の通貨取引は変動相場制が採用されているため、為替相場は刻一刻と変動しています。投資スタイルの中には、為替の動きを利用して差益を得るというものも存在します。為替相場は、何が要因となって変動しているのでしょうか。何が為替相場の推移の原因になっているかというといろいろありますが、金利は一つのファクターとなっているものです。高金利通貨に投資をした方が得をすることから、一般的には低金利通貨の国からは資金が流出し、高金利通貨へ流入すると言われているようです。短期的には高金利通貨が上昇しやすいですが、金利が高い国はインフレ率が高く、通貨価値が不安定なので長期的には価値が下がる傾向があります。為替相場を変動させる原因に、経済指標もなり得ます。GDP、財政収支、経常収支、失業率などの指標を指して経済指標といいます。為替相場は、例えば日本国内の経常収支が増えると、円高に推移します。収支がふえるぶん、円が強くなるわけです。同じようにGDP成長で為替相場に作用があるのは、その国の経済状態をGDPの伸び率が表しているからなのです。そのほか為替相場は、予測していなかったことが起こる大きく動きます。国の政権交代や自然災害、戦争などが要因となります。機関投資家や富裕層がばく大な資金を運用し、為替変動による利益を得ようとすることで相場に大きな影響が出ることもあります。為替取引を優位にすすめるためにも、為替相場の変動要因をきちんと知っておくことが大切ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です